お肌の乾燥がニキビができる原因に!

ニキビは皮脂が多く分泌している人にできやすいイメージを持っている方が多いと思います。

確かに、10歳代後半にできる思春期ニキビは、男性ホルモンによる過剰な皮脂分泌が原因ですが、肌の乾燥が原因でできるニキビもあるのです。

大人ニキビと言われているものは乾燥がニキビの原因となっている場合が多いです。

なぜかと言いますと、乾燥すると肌のターンオーバーが正常に働かなくなります。

古くなった角質がはがれないで、いつまでも肌の表面に残ってしまいます。

この古い角質が毛穴を塞いで詰まらせてしまいます。

これが乾燥がニキビの原因となっている理由です。

大人ニキビで悩んでいる方のほとんどが乾燥肌であることが多いそうです。

乾燥からくるのであれば、肌をしっかりと保湿することで状態が良くなります。

正しい洗顔をするようにして、高い保湿力があるスキンケアで乾燥させないようにします。

これで肌のターンオーバーも整って、古い角質が溜らないクリアな肌になります。

皮脂量はバランスが大切で多くても、少なくて乾燥してもニキビの原因となるのです。

皮脂が分泌することを気にして、保湿を怠る方もいるようですが悪循環となります。

どんな肌であっても保湿ケアは欠かせません。美肌と健康を叶えるNavi!

また、睡眠不足が続いたり、無理なダイエットによって栄養が偏っていたりと生活習慣が乱れていたり、さらに、ストレスや紫外線、間違ったスキンケアなども大人ニキビの原因になりますので注意して下さい。